ザ・面接VOL.165 セックスレス主婦やメンズエステのまたぐら熟女 「本当はダメですよ」「チョッとだけですよ」「今日だけですよ」

ザ・面接VOL.165 セックスレス主婦やメンズエステのまたぐら熟女 「本当はダメですよ」「チョッとだけですよ」「今日だけですよ」

昭和猥褻官能ドラマ 婚約を断られた男の性欲は六十路百姓妻のケツの穴に向けられた 葬儀の夜、夫の上司に身も心も奪われた五十路妻

見合いの仲人をしたものの、急に女の気が変わり、男の家へ謝りに行った。相当ショックだったと見えて、1人酒をあおっている。そしてこちらの負い目につけ込んで…。巨根をモンペの上から股間にあててくる男。やがてパンツごと下ろされて…。初めてお尻の穴に挿入され突かれるごとに、えも言われぬ快感が…。2話収録。

熟妻娘婿の父親は酔って寝ている奥さんのスカートをめくって…水道工事の肉体労働者にヤラれてしまった六十路妻

出張中の夫との離婚問題で酒を飲み朝帰りした彼女を待っていたのは娘婿の父親であった。眠気が襲いついソファーで寝てしまった彼女を父親は…。無防備のまま寝てしまった彼女の体を物色していく娘婿の父親。「汗の匂いと牝の匂いが混ざってすごくイヤラしい!」パンツをゆっくり脱がしアナルまで舐めると、突然目覚めた奥さん。「えっ、ちょっと!何してるんですか!」「この体、このマンコ!俺はヤリたくて仕方ないんだよ!」「あなたは娘の義父さんなんですよ!」勃起チンポをブチ込まれると拒否の声が喘ぎ声に変わり、そして…。水道工事に来た男の父親は介護施設に入っている夫の旧友でもあって親近感を覚えた人妻だが、彼が急変して彼女に襲いかかったその原因とは…。「今、奥さんの相手してくれる男っていないんですね?」「相手って?」恨みが爆発した男は奥さんに襲いかかる。「主人の事は謝りますからもう辞めて下さい!」「そんな事で許すと思うのか!」マンコを指でイジられ続け、やがてオカシクなっていく熟妻。「こんなおっきいの入らない、無理!」だが、巨根でマンコを掻き回されると…。二話収録